MENU

カロリミットは、妊娠中や授乳中は避けましょう。生理中も慎重に。

近頃人気上昇中のカロリミット。
最近では、外食の時にもカロリミットを持参して飲んでいる人を目にすることがあるほどです。

 

カロリミットには、食事によって取り込まれたカロリーの吸収をブロックする効果があるのでダイエットには心強い味方です。食事制限をする必要もないので、空腹によるストレスを感じることなくダイエットができるという利点があります。但し、太るのが怖いからと妊娠中にまで飲んでしまうのはちょっと待ってください。

 

妊娠中および授乳中の方への注意

 

カロリミットのパッケージの注意書きを見ると
「妊娠・授乳中の方、お子様はお召し上がりにならないでください」と書いてあることに気がつくと思います。

 

カロリミットの有効成分の一つである桑の葉エキスには、便秘を解消するという効果があるのですが、この効果は人によって出方がまちまちで、効きすぎて下痢を起こしてしまう人もいるのです。

 

妊娠中に下痢をすると、お腹の中の赤ちゃんにも悪い影響が出ることがあります。

 

更に、カロリミットにより摂取カロリーが制限されてしまうと赤ちゃんに十分な栄養が行かなくなる恐れがあるのです。ですから、妊娠中はカロリミットの使用は控えた方が賢明です。

 

薬を服用中の方や通院中の方、そして糖尿病の方への注意

 

妊娠や授乳中の方以外でも、
「薬を服用あるいは通院中の方及び糖尿病の方は、お医者様とご相談の上お召し上がりください」
との記載がありますので該当されている方はご注意ください。

 

生理中の方への注意

 

生理中は、カロリミットによる大きな影響は特にありませんので、禁止はされていません。
ですが、ホルモンバランスが乱れて下痢を起こす人がいたり多量の出血や生理痛などにより、普段より体力を消耗しやすい状態にあります。こういう状況の時にはカロリミットはお休みして、しっかり食事を摂ることをお勧めします。

 

生理期間が終わったら、ダイエットに最も適した期間に入ります。この時期にカロリミットを飲んで、効果的にダイエットをしましょう。ストレスを感じることなく、ダイエットを成功させることが可能です。

【積極的に痩せたい!】新発売!カロリーカット+ブラックジンジャーの代謝アップ効果がスゴイ!


代謝アップで効果的に痩せたい!『大人のカロリミット』1000円!

大人のカロリミット1000円!